なぜ親権の不一致は裁判に行くのですか?

家庭裁判所制度は、両親が親権の不一致を自分で解決するために設計されています。 裁判所は、親が別々の世帯で子育ての条件に同意するのを助けるために、強制的な調停セッションやカウンセリング(CCRC)を推薦する子の親権のようなプ

家庭裁判所の裁判官は、むしろ親が子供の親権についての決定を下すだろう。 親が調停およびCCRCの後で同意できないとき、親権の場合は裁判に行きます。 親権の公聴会で、裁判官は事実を聞き、証拠を見直し、そして決定の下の手。

親権の取り決めは、紛争になりやすいです

子供の親権とサポートに関連する問題は、離婚に関連する任意のうち、裁判に行くために最も良 これは部分的に関与する感情によるものです。 子供たちは他の親との最後のつながりの一つであり、親権の問題を他の何よりも感情的にしています。

また、カリフォルニア州では、養育費は、部分的に各親が未成年の子供と持っている時間の量に基づいています。 サポートのためのホックにある人は一般に彼または彼女が支払わなければならないことを行っているその量を相殺する子供とのより多くの時間を このシナリオは頻繁に起こり、それらの場合は裁判所で決定される傾向があります。

子供や親への身体的および/または感情的な虐待が発生した子供の親権ケースは、同様に裁判に行く可能性があります。

子供や親への身体的およ 物理的/感情的な虐待の発見は、法的および物理的な両方の親権に関して深刻な影響を持っています。

詳細はこちら: 法的親権対物理的な親権は説明しました

共親にできないことがあります

親が子供の育成に関連した決定を共有する共同法的親権の状況では、親が子供の健康、教育、福祉のニーズを満たすことについて同じ考えを持っていないときはいつでも紛争が発生します。 一方の親が他方の親からの入力なしにこれらの問題に一方的に対処する場合、特に問題があります。

共同子育ての意見の相違は、すべての形と大きさで来ます。 最も一般的な問題の3つは、教育、医療、宗教に関する決定に関連しています。

  • 教育–親が異なる学区に住んでいる場合、子供が学校に行く場所は複雑になります。 理想的には、両親はどの学校が子供のニーズと生活の配置に最も適しているかを特定することができます。 近年では、チャータースクールやホームスクーリングがより普及しているように、親はこのように紛争の可能性を高め、学校に子供を送信する場所についてのより多くの選択肢を持っています。
  • ヘルスケア–特定の医療上の決定は、共同親の間で意見の相違が発生する傾向があります。 覚せい剤の調停によるADHDの診断と治療は一例です。 もう一つは、スポーツ関連の怪我の後に手術を受けるかどうかの決定かもしれません。 親はまた、どの医療専門家がそれらに助言すべきかについて同意しないかもしれません。
  • 宗教–異教徒間の離婚で、または両親のいずれかが家族が属していた宗教機関を離れる場合、紛争のポイントは一般的に発生します。 おそらく、一方の親は突然、他の親の信仰を実践することに子供たちが関与したくありません。 あるいは、一人の親が日曜学校をやめることを決めたり、所定の食事制限を守らなかったりすることもあります。 宗教的な問題は敏感であり、両親が同意できない場合、問題はしばしば裁判所が解決するように求められているものにエスカレートします。多くの場合、問題が絡み合っている–例えば、お母さんは行動上の問題、アレルギー、およびADHD診断に関連する他の問題のために学校から彼女の二年生の息子 少年の父親は、診断と家庭学校への決定の両方に同意せず、子供の最善の利益のために医療と教育の手配のための裁判所命令を追求しています。

    移動の問題があります

    一方の親が州外に移動した場合、または州内で二、三時間以上離れて、他の親の親権スケジュールに影響を与える場合、これは裁判所がしばしば決定するように求められている競合の非常に一般的なポイントです。

    場合によっては、移転は、親権を持たない親が親権契約の変更を要求する根拠となる可能性があります。

    移転は、親権を持たない親が親権契約の変更を要求する根拠となる場合があります。 いくつかのインスタンスでは、親権の親は、最初にそのような動きのための裁判所からの承認を取得する必要があります。

    引っ越しを構成するものを定義するあらゆる種類の法律や先例があり、法律の下で許可されているものと許可されていないものがあります。

    家庭内暴力の歴史があります

    家庭内暴力で有罪判決を受けた親が子供と親権の時間を持つべきではないと仮定する特定の法令があ 一方の親が虐待されていることが判明した場合、その親はその推定を克服するために必要なことをしていることを示さなければなりません。これには、これらの問題に対処するために必要な措置が取られたことを裁判所に示すことが含まれます。

    これには、これらの問題に対処するた これは52週の怒り管理プログラム、療法および勧めること、および育てるクラスを含むかもしれない。あなたが親権に同意できない場合はどうすればいいですか?

    子供を含む離婚関連の法的問題と同様に、彼らの最善の利益はナンバーワンです。

    子供を含む離婚関連の法的問題と同様に、彼らの最善の利益はナンバーワンです。 分割後の共同子育ては、特にあなたの元パートナーとの関係が議論の余地がある場合、しばしば困難です。 経験豊富な子供の親権弁護士は、親権の不一致やあなたとあなたの子供が直面している他の問題のための建設的な解決策を見つけるのを助けるこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。