低ナトリウム血症の過矯正

Q)私の診療所の患者は最近、低ナトリウム血症(血清ナトリウム、115mEq/L)で病院に入院した。 彼女は正常な生理食塩水の2Lで治療され、48時間後に自宅に退院し、血清ナトリウムレベル132mEq/Lの彼女のベースラインの精神状態で。 神経科医は、これは彼女の低ナトリウム血症のための最初の治療の結果であると述べた。 これはどのように可能ですか?

慢性低ナトリウム血症の急速な矯正とその後の神経学的問題の発症との因果関係は、1970年代後半に発見されました。 これは、T2重み付け画像上のhyperintense病変を示すMRIによって診断されます。 臨床徴候には、上部運動ニューロン徴候、偽球麻痺、痙性四肢麻痺、および軽度の混乱から昏睡までの精神状態の変化が含まれる。2

低ナトリウム血症は、一般的に135mEq/L未満の血清ナトリウムレベルとして定義されています。低ナトリウム血症の治療は、症状管理によって導かれるべきである。2,3患者が無症候性である場合、単純で効果的な戦略は、薬物療法を除いて24時間NPOを維持することである。 単純な食物および体液の制限は、偏性溶質の損失および尿中電解質の遊離水の損失のために、血清ナトリウムレベルを増加させる可能性が高い。2,4最初の本能はこれらの患者に餌を与えることですが、栄養失調に見えることが多いので、これは溶質負荷を引き起こし、あまりにも急速なナトリ 24時間後、取入口の制限が有効でなければ、通常の塩の投薬により余りに急速な訂正を引き起こすことができるように、0.5%の正常な塩を限られた投薬2

症状のある患者(混乱、発作、昏睡)の目標は、最初の2-3時間、ナトリウムを1時間あたり1-2mEq/L上昇させることです。 24時間で10mEq/Lまたは48時間で18mEq/Lを超えないでください。 これらの限界を超過することはODSのための危険度が高いに患者を置きます。 実際、これらのパラメータの範囲内にとどまっていても、過度の修正のリスクがあります。 ゆっくりと行く方が良いです。2,3

溶質摂取量が低いために低ナトリウム血症(例えば、ビールポトマニア)の患者では、利尿は食物および体液制限の期間後に自発的に開始するこ また、少量の溶質で開始することもできます。 例えば、100mLの通常の生理食塩水または”バナナバッグ”(0.5-1Lの通常の生理食塩水とマルチビタミン/ミネラルを含むIV溶液)を含むIV抗生物質を投与すると、数リットルの利尿が生じる可能性がある。2フラッドゲートを開くと、意図せずにodsにつながる可能性のあるあまりにも急速な修正を引き起こす可能性があります。

慢性低ナトリウム血症患者では、低抗利尿ホルモン(ADH)レベルがしばしば見られる; 従って溶質が導入されるとき、余分な水損失および電解物の不均衡から保護するシステムに少しADHがあります。 同時に、過剰な水分損失は、より高いナトリウムレベルに変換され、脳浮腫のリスクを増加させる可能性がある。 急速な利尿が起これば、尿の出力の率に一致させるD5W(水の5%の右旋糖)の注入は急速な血清ナトリウムのレベルの上昇を防ぐかもしれません。 血清ナトリウムのレベルの頻繁な監視は頻繁に必要です。 ODSが既にある場合には、血清ナトリウムのレベルの減少を用いる改善された神経学的結果のケーススタディがあります。2,3

一見したところ、低ナトリウム血症の治療は簡単に見えますが、失われたものを置き換えることは、頻繁な監視と介入の必要性のために、一見単純な問題を集中治療を必要とする複雑な臨床経過に変えることができます。

Kristina Unterseher,MSN,FNP,CNN-NP
Peacehealth St.John
Medical Center
Longview,WA

1. ヒルデンT、スウェンセンTL。 ビールを飲む人の電解質障害:特定の”低浸透圧症候群。”ランセット 1975;2(7928):245-246.

2. Sanghvi SR,Kellerman PS,Nanovic L. ビールポトマニア:急速な矯正による合併症のリスクが高い低ナトリウム血症の異常な原因。 アム-ジェイ-ディ-ディ… 2007;50(4):673-680.

3. Bhattarai N、Poonam K、Panda M.Beer potomania:ケースレポート。 BMJケースRep.2010;2010:bcr10.2009.2414.

4. キャンベルM.ビールpotomaniaの結果としての低ナトリウム血症と中央橋骨髄溶解:症例報告。 プリメーラ-ディビシオンのJリーガ-エスパニョーラに所属している。 2010年12月(4)09100936.

5. Thaler SM,Teitelbaum I,Beri T.非ビール飲酒者における”ビールポトマニア”:低食溶質摂取量の影響. アム-ジェイ-ディ-ディ… 1998;31(6):1028-1031.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。